最新情報

水分補給を習慣づける大切さとオススメアプリ

私たちの体は、60パーセント以上が水でできている生物なのにも関わらず、一番大切なパートナーである水とのつきあい方がとても下手です。

こまめな水分補給をし、体内を常に水分で満ちた状態にしておくことは、どんな人にも必要なことです。

人間が汗をかくのは運動をしている時ばかりではなく、寝ている間にもコップ1杯程度の汗をかきますし、何もしていなくても常に汗をかいています。

もちろん明らかに運動やお風呂に入るときなどかなりの量の汗をかきますが、発汗や排尿、そして呼吸によって常に水分が失われ続けています。

つまり、私たちはいつも慢性的な水分不足の状態にあります。

しかし、環境によってトイレにいくのが恥ずかしいまたは面倒だったり、汗をかくのが恥ずかしいからと、水分を控えたりしている方もいるのではないでしょうか。

ですが、水分が低下すると肉体はやがて軽い脱水状態に陥ってしまうのです

その状態になると、正常な代謝活動が維持できずに老廃物の排泄がうまくいかなくなってしまいます。

すると、便秘や肌荒れを引き起こす体質に変わっていきます。

また心臓に負担をかけたり、頭痛を引き起こしたり、最悪な場合は三大疾患を引き起こす原因ともなってしまうのです。

こういったリスクを避ける為にも、健康や美容を大切にしたいのであれば、習慣的に水分を摂取することが重要です。

毎日トイレに行き、汗をかくので体の循環が早いように思えますが、実は人間の体内で飲ん水は約1ヵ月をかけて循環すると言われています。

ですから、最低でも1ヵ月は続ける意識をもたないと美容や健康への効果は期待できないと考えて下さい。

そこで、今回は、楽しく続けれる水分補給を習慣化ができるようなアプリをご紹介します。

毎日1日に必要な水分量を通知し、記録ができるようなものです。

あなたにあったアプリを見つけて、イキイキした毎日を手に入れて下さい。

●水分補給を習慣づける アプリランキング

<iPhone/iPad>
・わたしの水 - 水分摂取を記録& リマインダー
・ウォーターログ - 健康 & 美容ケア
・ウォーターライフ- 健康、美容、ダイエットの水記録アプリ-
・アクアラート: 体の水分バランスを整える 水治療法 水療法
・Hydro水を飲み、健康を維持しましょう
・Plant Nanny 植物ナニー - かわいい植物と一緒に水分補給をしよう!
・Vitalbook - ヘルスケア & フィットネス
・水飲むお

<Android>
・ウォータードリンクリマインダー
・Hydro水を飲み、健康を維持しましょう
・Plant Nanny 植物ナニー
・Aqualert:体の水分バランスを整える 水治療法 水療法
・水摂取トラッカー無料

<Apple Watch>
WaterMinder - 水分補給のお知らせ&記録アプリ

3191b0219cc4eefb9cd056194b567741_s

最近よく聞くラドン水って何?

 

 

snow-monkeys-1394883_640

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ラドンとは」

自然放射線の半分以上を占めている無色・無臭のガス状の物質です。高濃度のラドンを含む地層を通った地下水はラドンを含んだ温泉水となり、ある一定量以上のラドンを含む温泉を法律で「放射能泉」としています。

そしてラドンを多く含んだ放射能泉を一般にラジウム温泉と呼んでいるということです。

強力なイオン化作用を持つと言われています。ラドンの基になるラジウムの種類により生成されるラドンも色々な種類があります。

多くは数秒~数十秒で飛散して無毒にります。

ラジウムは、放射能物質の原子で、自然に安定した形になろうと変化します。

ラドンは、ラジウムが変化している時にラジウムから発散する気体物質のことを言います。

このラドンは、アルファ線を大量に放出すると言われており、空気中のイオンをつくる力が非常に強いことが知られています。

さらには、ラドンは、水に溶け易い性質がある事も知られております。

またラジウム温泉(放射能泉)水という言葉はよく聞きますが、ラドン、ラジウムがあり、日本の放射能温泉としては「ラドン」が主流です。

ラドン温泉は、自然放射線の半分以上を占めている無色・無臭のガス状の物質で、地中のラジウムが崩壊して生成され、高濃度のラドンを含む地層を通った地下水は放射性物質として温泉に容存しています。

このラドン温泉は半減期3.825日でα崩壊する放射性のガス成分(気体)です。

「ホルミシス効果」

ある物質が高濃度あるいは大量に用いられた場合には有害であるのに、低濃度あるいは微量に用いられれば逆に有益な作用をもたらす現象を示す言葉を「ホルミシス効果」と言います。

古来よりラドン、ラジウム温泉はガンに効果があるといわれてきました。
学術的にも、この温泉水に含まれる気体のラドンから放出される放射線により、温泉に入ると呼吸によって肺や皮膚から、体内に弱い発がん物質を取り入れる事で、この低線料放射線人体に作用することで体の緊急警報を発動させ、細胞を活性化しや癌細胞の破壊したりと、免疫効果を高めたりするからではないかと言われているからです。東京理科大客員研究員らが06年マウス 実験で、ラドン温泉水を摂取するとアトピー性皮膚炎とがんの転移を抑制する効果があることを発表しました。

具体的には、放射線にはα線、γ線、β線がありますが、α線が3つの中でも一番高いエネルギーを持っているとされており、ラドンはα線を放射します。

このα線の特徴は、透過力が大変弱く、一旦体内に取り込んでも体外までエネルギーが出ません。

その為、体内へ入ったラドンは、細胞に直接エネルギーを放射して刺激を与えた後、50%は30分で消え、約2時間後にはラドンが尿などから排出されることになっています。

体内に取り込まれた自然放射線は全身の細胞に働きかけ、「細胞の活性化」 「自然治癒力の促進」「新陳代謝の亢進」「免疫力の向上」を促し、人体を若返らせ、「自分の身体が身体を治す細胞内自発治癒」により、様々な症状に効果を発揮し普段の健康づくりによいと言われています。

「飲用水としてのラドン」

免疫力を高めたり、自律神経などが安定すると言われています。

彩都の水は「天然ラドン源水」です。

「単純弱放射能冷鉱泉」で、第三者機関によって厳格に検査され、治療の目的に供することができるものとして、療養泉として認定されたミネラルウォーターです。

是非毎日の飲料にとりいれてみてはいかがでしょうか。

天然美容液と言われているお水に含まれる「メタケイ酸」 とは?

f72a6f213590ac22f169df7767efbc87_s (1)

温泉に入ると、肌の表面がすべすべしっとりしたり、血行が良くなったということを感じたことがあるでしょう。「美人の湯」「美肌の湯」などという言葉を聞いた事があると思いますが、温泉には美肌や美容は密接な関係があり、古くから愛されてきました。

温泉にはどんな美容力が期待できるのでしょうか。温泉にいうと「泉質名」と「PH値」が記載されており、その温泉の特徴と美肌へ導く要素がわかります。

そして、今回は泉質名にはでてこない遊離成分の「メタケイ酸」に今回は注目していきます。

メタケイ酸は、ほとんどの温泉に含まれており、日本の温泉は、この「メタケイ酸」が豊富な温泉が多いというのが特徴でもあります。含有量が100mg以上なら“美肌サポートのお湯と言われています。

このメタケイ酸の成分の特徴は、お湯の肌触りをまろやかにし、肌に水分を運んだり、新陳代謝を促進してつるつるにする天然の保湿成分として美肌を促進するものとして注目されています。

優れた特徴として以下があげられます。

・天然の保湿成分

・毛髪や爪を強くする

・コラーゲンの生成

・皮膚の老化の抑制

・肌の新陳代謝を促進

・細胞修復に役立つ抗酸化作用

なぜ、メタケイ酸がこのような効果があるかというと、肌の表面の角質化のバランスを保つ”セラミド”の役割があるとされており、「メタケイ酸」自体でなく、違う成分との相乗効果によって、体の内部、外部から保湿ができ、美肌効果が期待できると考えられています。

女性なら誰もが望む、瑞々しく潤いのある肌。その保湿効果も期待できる成分を含んでいるのです。

また、このメタケイ酸の成分に注目して、潤いをうたった保湿化粧品、しっとり系入浴剤などにも配合されていて、肌のセラミドを整える作用が期待できるといわれています。

また飲むことで、その効果も期待でき、胃腸を健やかにする働きがあります。

・胃粘膜を修復

・腸内細菌を活性化

・抗酸化作用

飲み過ぎた時、二日酔いに効くとされています。胃粘膜を修復する作用や腸内細菌の活性化を図るため胃腸薬にも使われています。

こちらの彩都の水にも、「メタケイ酸」が含まれています。是非、お肌の新陳代謝を促進し年齢と共に減少するセラミドを整え、きめ細やかなみずみずしいお肌、そして健康な胃腸をつくっていきませんか?

水の安全性について

私達が生きていくのに欠かせない水。

cup-939479_640

「 ミネラルウォーターのダイエット効果はあるのか?」で記載したように、

1日2リットルは最低摂取する必要があり、理想は1日3リットル程度の水を摂取しなければ生きていけないとも言われています。

私達の「命」でもある水の安全性について考えてみましょう。

今回は、「水道水、保健所の認可を得たミネラルウォーター、山水」について比較してみます。

まず、いつも私達が使っている「水道水」。

これは人が生きていく上で必要な水を、飲み続けても人体に健康に影響が生じない安全性を考え、浄水場(飲んで安全な水にすること)で浄水された水で、蛇口から直接飲んでも安全な水になっています。

その為、塩素で消毒されており、病原菌を殺す役割(殺菌)をしています。

ですが、水道水でも除去できないもの(カビ、ウィルスなど)、また水道管が老朽化した場合の錆、マンションのタンクの悪環境など、また、除去出来ないものだけでなく、塩素を加熱することで発生する発がん性物質も検出されています。

その為、水道水にも問題があり、今浄水器なども出回っている時代です。

山水は場所にもよりますが、決して「体に良い水」とは言えません。

なぜなら、飲料するには水質検査が必要だからです。

山水を沸かせば殺菌はされるのではと思いがちですが、 日本では、有害なヒ素(発がん性)が含まれている事も多いそうです。

保健所などで水質検査されている山水なら安心といえます。

彩都の水はミネラルウォーターに該当しますが、保健所で水質検査された地下に水源のあるミネラルウォーターです。

「療養泉として認定されたミネラルウォーター」

厚生労働省、福岡保健環境研究所などで検査を行っております。

飲料水として安全なだけでなく、豊富でバランスのよいミネラル成分で健康にとても良いです。

毎日飲む水だからこそ、安全に摂取していきましょう。

その化粧水合ってますか?!天敵肌荒れに打ち勝つミネラルウォーターの性質とは?

働き盛りの女性にとって、顔に出てしまうニキビや吹き出物は、まさに天敵そのものですね。

仕事でのストレスで肌が荒れる、また、敏感肌やアトピー性皮膚炎の症状がある、などもです。

そこで今回はミネラルウォーターで洗顔したときにどんな効果が現れるのか、調べてみました。

 

 

c32070e4087412fa2fa012bc8da5647f_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.どうしてミネラルウォーターでお肌がきれいになれるのか?

 

 

主に肌荒れの原因になるものは、実は洗顔する際に脂質を取り除きすぎる事、つまりは過剰にスキンケアをしすぎる事です。

もう一つ、自身の肌質に合わない洗顔料や化粧水を使用している場合も起こります。

考えられる一番の原因は、洗顔事の「刺激」です。

もし、肌質に問題があると考える方は、ミネラルウォーターで洗顔してみることをおススメします。

特に刺激のない、あるいは少ない水を使うことにより、お肌への負担を減らし、早く改善されることがあるのです。

 

 

 

 

0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.ミネラルウォーターでできる洗顔方法

 

 

効果的な使用方法としては、パッティングという方法があります。

始めに、コットンにミネラルウォーター(性質上、硬水は控えましょう。)を十分に含ませ、パッティングをします。

使い方は普段と一緒です。ミネラルウォーターをまんべんなくパッティングをしましょう。

力まず軽く抑えるような感じで、ポンポンポンと軽く叩きます。

特に肌が敏感になっている場合は、より丁寧に。

手で行う際には、ミネラルウォーターをミストのように顔に吹きかけ、手でトントントンと叩いていきます。

シワがある部分は念入りにパッティングし、保湿するといいでしょう。

 

3.最も効果のあるミネラルウォーターの性質はこれ!

 

普段の生活では水道水を使いますが、カルキがでるなどあまりデリケートな部分には使用したくないのが本音。

そこで、どんなミネラルウォーターを使えば効果があるのか?

ズバリ、「純水」です。

純水とは、水分子H2Oで構成され、不純物がほとんどない水のことです。

不純物がほとんどないので、肌に安心して使うことができます。

市場に出回っている水として、RO(逆浸透膜)濾過を施した加工飲料があげられます。

最近ではウォーターサーバーの飲料水をこの濾過方式で加工しているところも多いので、ぜひ使われてみるのもいいでしょう。

 

まとめ

 

 

ミネラルウォーターの出始めは飲料などで美容に効果があるとされてきましたが、昨今では普段水として使用する機会などでも 注目されています。

一度今使っている化粧水を見直してみて、ミネラルウォーターを使ってみるのもいいと思いますよ。

日本人の主食「お米」にいいお水とは?

b9733a546fb3319d15afab989d75c47b_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たち日本人にとって欠かせない主食と言えば、やっぱり「米」ですよね。

一般の家庭の定番である白米や、最近では健康志向の為にあえて糠をとらない玄米、赤米、黒米といった雑穀米など、日本人は多岐にわたりお米とともに歩んできました。

その反面、お米を磨ぐ水は、水道水は他国よりも水質基準が厳格ではありますが、カルキがでるなど不満に思われる方も少なくありません。

では、どんな水が合うのか、水道水はあまり使用できないのか、調べてみました。

 

1.水の条件に欠かせないもの

 

お米は通常、内部水分14%以内まで乾燥されていることが多いです。

その為、水につけた時も重要となってきます。

もしも、臭いのある水を使用した場合、その臭いがついてしまい、果ては食味にも影響を及ぼし、せっかくの食事が台無しになってしまいます。

また、炊き上がりにも影響してきます。そこで、以前ご紹介した硬度を交えて説明していきます。(硬度の記事はこちらから。)

まず、結論から申し上げます。お米に最も適した硬度は、軟水です。
(軟水とは、一般的には硬度100以下の水の事です。)

お米を磨いだり、炊いたりしたお米は、ふっくらと軟らかく仕上がります。

一方、硬水でお米を炊いた場合、カルシウムがお米の繊維やペクチンと結合することにより水の吸収を妨げてしまい、

ご飯がパサパサになってしまいます。また、硬水には臭いのあるものもあり、お米に臭いがつくこともあります。

なので、軟水がお米を炊くには最も効果的なのです。

 

2、ミネラルウォーターを使用してもいいのか?

 

もちろん、使用するには非常にいいと思います。

しかし、ミネラルウォーターを使用する場合、全てに使用していたら大変なコストがかかってしまいます。

そこで、最も効率的な使用方法を紹介します。

①最初のお米につける水を軟水のミネラルウォーターにします。

②次にお米を磨ぐ水に水道水を使用します。

③最後にお米を炊く水を軟水のミネラルウォーターを使用します。

そうすれば、ミネラルウォーターばかり使用せず、コストも抑える事ができます。

以上は日本のお米に適したミネラルウォーターの使用方法を紹介しましたが、他にも紹介します。

硬水はお米には合わないといいましたが、軟水と硬水の中間である中硬水は別のお米料理に合うのです。

例えば、お米がパラパラになってほしい料理(炒飯やパエリア、ピラフなど)には中硬水が適しています。

中硬水は、日本でもさほど多くない水源ですので、お近くの水源があれば是非とも水を採取されることをおススメします。

 

新規看板設置その2

fullsizerender

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新たに関連会社と共同で看板を設置させて頂きました。

筑肥線「今宿駅」前の交通量が多い場所ですので、多くの方々に見て頂けるかと思っております。

新規広告看板設置のお知らせ

img_4084

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月7日に新規広告看板を「おさかな天国」様の駐車場へ設置させて頂きました。

おさかな天国 - 9月24日移転新店OPEN

電  話:092-806-8627

住  所:福岡市西区大字飯氏扇子824-1

営業時間 : 【4月~10月】9:00~19:00 【11月~3月】9:00~18:30

※ お盆・年末年始を除き年中無休

 

「体に良い水の条件」

26e8524da89609670abcbbc37a343268_s

健康を維持するためには、どんな水を選んで毎日飲めば良いでしょうか。

まず、体に良い水の条件を知りましょう。

1)有害物質を含まない水

日本の水道水は、雑菌を除去するために大量の塩素が投入されています。

その為水道水はトリハロメタンなどの発がん性物質を大量に含みます。

トリハロメタンは沸騰すると増幅するといわれています。

また塩素で死なない原虫も水道市から検出されたようです。

最近では生活排水、工業廃水、農業排水は、地下水にも及んでいるといわれています。

こういったことを考慮して、最大限に安全な水を飲むには、以下のものが入ってないこと条件です。

 

●水銀、ヒ素、硝酸態窒素などの化学物質

●トリハロメタンなどの発ガン性物質

●病原微生物、大腸菌、クリプトスポリジウムなど。

 

上記を取り除く浄水器またはミネラルウォーターや検査された天然水を摂取する必要があります。

2)酸化還元電位が低い水

酸化還元電位(ORP)とは簡単に言うと、水中の電子(マイナス)の量です。

水素はイオン化するとどんどん電子を放出します。

H2 (水素) → 2H+ (水素イオン) + 2e−(自由電子)。

この放出された自由電子が抗酸化、つまり「さび取り(活性酸素を水にしてしまう)」作用の主体と考えられています。

酸化還元電位(ORP)が低い水ほど、いっぱい自由電子が含まれている水 = 「いい水」となります。

反対に酸化力が強い、つまり体内を酸化させて細胞を傷付けやすいよくない水のことです。

酸化力が低い水ほど体内の酸化したものをリセットする力があります。

高酸化作用が強く、がんや糖尿病の発生を抑え、老化防止に効くといわれています。

3)ミネラル成分をバランスよく含む水

ミネラル成分は体に必須のものですが、自ら生成できません。

水に含まれるミネラルで特に重要なものはカルシウムとマグネシウムです。

※詳しくは「水に含まれるミネラルについて」をご覧下さい。

4)弱アルカリ性であるということ

体が酸性に傾くと血流が悪化し新陳代謝の働きが低くなり、免疫力もさがっていきます。

アルカリ性の水はそれを中和してくれる作用があります。

体内を弱アルカリ性に戻してくれることで良い状態に保つ事ができるのです。

以上の条件を含む水を積極咳にとっていきましょう。

ヨーロッパと日本のお水事情

ee72f2197e00798f90f1ce6671212b59_s

ご存知ですか?体に良い水とは、人の手を何も加えずに飲める水です。

しかし、今ではさまざまな病原菌の混入を危険視してろいますし、生水=危険というイメージがあるのではないでしょうか。

現在では塩素殺菌している水道水をそのまま飲む事もなくなり浄水器が普及しております。

それ以外に水を飲む場合はボトルに入って販売されているミネラルウォーター。

ボトリングされているミネラルウォーターは生水ですが、こちらは安全性が認識されているため、メーカー側の管理(殺菌処理など)があるので安心して飲めます。

また、保健所の認可を得た、殺菌除去した地下からくみ上げる水を汲みにいくことが のが主流ではないでしょうか。

殺菌していない現地で飲む水としては、名水百選のような場所、また雪解け水を飲む「変若水(おちみず)」信仰が日本にはあり、寺社で飲む事もできる場所がいくつかあります。

日本で水を飲む、とはこのようなイメージがあると思います。

それに対し、ヨーロッパの水はどういう認識かご紹介します。

ヨーロッパでは、ミネラルウォーターと言われる水は、「殺菌処理をしてはいけない」と義務づけられています。

ヨーロッパのミネラルウォーターの基準は、

・どのような殺菌処理もされてない。

・各国の公衆衛生の管轄である役所の審査と承認を得ている。

・有益なミネラル分を一定量保持しており、バランスが良好。

・採水地周辺の環境保全が常に行き渡っている(1日に何度も品質管理を行う)

・地下の泉から直接採水されており、添加物を一切加えずに容器詰めされる。

以上をみても、ヨーロッパの採水地の環境保全の考え方、力の入れ方は全く違います。

採水地の周りには向上やゴルフ場、農地などの設置を禁じているのです。

普段、よく購入するヨーロッパの水にはこのような背景があります。

さて、世界からの視点を日本を見てみましょう。

日本はなんと世界一水を輸入しているそうです。

その意味は、日本は世界で1番水を輸入しているというのは食料自給率が低く、輸入する食料を作るために必要な水を間接的に輸入していると考えるバーチャルウォーターという考えからきています。

そして、水道水が飲めるのは15カ国だけだそうです。

豊かな水の国日本と言われているのに皮肉な結果となっています。

さて、豊かな水の国、日本で飲める中鉱水の湧き水である彩都の水。

こちらは、日本の中でも一番安全な方法をとって提供しております。

保健所の認可を得て紫外線処理してミネラル成分はそのままで頂けます。

その土地で採れる野菜や穀物、旬な食べ物が体を守ってくれ元気でいられる秘訣といいますから、是非、毎日の食卓で良い水と近くで生産された食べ物で豊かな食生活を送りましょう。